キッチンカロリー

カロリーのこだわりコンセプト!

昭和25年創業からのこだわり・うまくてぼるーむたっぷり・リーズナブルなお手頃感・あつあつ、できたてのお料理

創業60年、今現在、1番のこだわり・安心安全な日本の食材と新ライアルオーストラリア、ニュージーランドの食材・あつあつ、できたてのお料理

創業100年に向けて…これからのこだわり・さらに美味しく、フランスの味とエッセンスで、おもてなし!・誰からも愛される店づくり

オーナーの思い

ganbaruzo

お客様へ御礼申し上げます

お客様皆様のご愛顧、ご支持により、カロリーは本年、創業60年を迎える事ができました。
これもすべて、お客様皆様のおかげでございます。心より御礼申し上げます、またこれからもお客様皆様に愛される、支持される、料理屋を社員一同、目指してまいりますので、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
「愛されるカロリーを!」 心に精進してまいります。

これからのカロリーへの思い!

カロリー3代目、シェフ江本雄哉が、10年間のフランス料理の修業、勉強から、万を期してカロリーに登場いたします。
さらに更に、お客様皆様に愛され、支持されれる料理屋に向けて、オーナーシェフ江本雄哉、店長石野吾郎を中心に社員一同誠心誠意努めてまいります。今以上に必ずしや、お客様皆様に満足していただけるカロリーになりますので、よろしくお願いいたします。

2代目、カロリー店主、江本篤哉

カロリーの歴史

1953年 お茶の水、駿河台下にて、学生街の小さな洋食屋として産声あげる。
初代、チーフ、洗い場のおばちゃんの3人でスタート。
歴史画像
1964年 東京五輪、カロリー燒登場、初代が名物をと考えて。通称「焼」
1970年 学生運動、こよなく学生に支持される。
いろいろ食べたい!盛り合わせランチ、ゴールデンランチ始まる。
1980年 バブル、スキー黄金期、お茶の水物凄い賑わい。
ジャンボ鉄板焼き、通称「ジャン鉄」始まる。
1990年 スキーの賑わい続く、1998年明治大学リバティータワー竣工、記念メニューリバティースペシャル、明治大学学生新聞より依頼されて始まる。通称「リバスペ」
2003年 カロリー創業50年、お客様1日感謝デイ、50%off開催。
2005年 こだわり食材、北海道産JAS有機玉葱使用開始。「焼」に使用。
2006年 食材を出来るだけ日本産にする。
野菜、食肉など全ての食材の米国、中国産は使用を止める。
2007年 江原養豚、ハーブ豚で生姜焼、カツカレー始まる。
2008年 高知県三原村産、森本養鶏よりの放し飼い有精卵でオムライス、目玉焼き始まる。
2009年 サラダなど野菜全般JAS有機にする。
100%有機食材で作る、野菜カレー始まる。
2011年 お茶の水カレーグランプリに洋食屋でバーブ豚のカツカレーで挑戦、カレー専門店に対して善戦する。
2013年 2014年 創業60年、カロリー3代目登場。
現在に至る。
ツイート