こだわり

食材への思い

お客様に安心、安全なお料理を提供するために、国産野菜をはじめ厳選した材料を使っています。
可能であれば生産者の所へ赴き、食材の出所の確かな物を使うよう心がけています。

みなさん味にこだわり、味に自信を持って作っている方たちばかりです。
がっつり系のイメージの強いカロリー焼ですが結構こだわってつくってるんですよ。

カロリーこだわりの食材たち

玉ねぎ 看板メニューの“カロリー焼”に使う玉ねぎはJAS有機。収穫時期が違う玉ねぎが北海道から長崎まで、一年間で一巡します。玉ねぎにもいろいろ種類があってそれぞれの土地にあったものを作っていて味も甘かったり、辛かったりで面白いですよ。
オージービーフ 牛肉はオージービーフ。できれば国産を、と言いたいところですが「安くて、ボリュームのあるお料理」をモットーにする当店ではなかなか使えません。なのでより信頼性の高いオーストラリア産でグラスと呼ばれる牧草のみで育てるビーフを使っています。
調味料 味付けに使うニンニクは青森県産のJAS有機の物。
お醤油は会津若松で江戸時代から続く伝統のある醸造元林合名会社のイゲタ醤油。
白ワインは、勝沼で120年以上続く丸藤葡萄酒のルバイヤートワイン。

ちなみにJAS有機とは
JAS野菜イメージ化学肥料や農薬を2年以上使わずに、最初の収穫の3年以上前から有機肥料や堆肥等による土作りを行った畑で収穫された農産物で。国から認可を受けた物。
認可を受ける費用も生産者自身が負担しなければならない為、どうしても価格が高くなってしまう。

 

こだわりの食材を使った料理

当店のお料理は一からすべて手づくりです。こだわりの食材を使ったお料理を紹介します。

 ☆有機野菜のサラダ&シーザーサラダ
すべての野菜をJAS有機または特別栽培の物を使っています。

 

☆ハーブ豚のカツカレー&ハーブ豚の生姜焼きハーブ豚のしょうが焼
群馬県高崎市にある江原養豚場の“ハーブ豚未来”というブランドのお肉を使っています。
もともと豚さんはデリケートで病気になりやすいそうです。それを防ぐために予防注射を打ったり、抗生物質の入った飼料を食べさせるのですが、江原さんのところの豚さんは生まれてから一本も注射を打ちません。市販の飼料には抗生物質が入っているため、抗菌作用のあるハーブを混ぜた飼料をオリジナルで作り育てています。そうして生まれる豚肉は脂身の部分まで甘くやわらかいですよ。ぜひ一度お試しください。

 

☆こだわりのオムライスこだわりのオムライス
タマゴは抗生物質の入っていない飼料や自然食を与え、平飼いの有精卵を使っています。
チキンライスに使う鶏肉は国内産のムネ肉。
トマトソースは高知県三原村のみはら菜園で収穫されたラウンド、プラムという種類のフレッシュトマトを使います。チキンライスが甘めなので酸味の効いたさっぱりとしたソースに仕上げました。

 

 

☆有機野菜のカレー有機野菜のカレー
7、8種類のJAS有機野菜を使っています。季節によって野菜の種類も変わってきます。
カレーソースは何種類もの国産野菜を煮込み、小麦粉などを使わず野菜のみでとろみを出してます。

 

 

 

ノルウェー産サーモンフライ☆ノルウェー産サーモンのフライ
築地へノルウェーから空輸されてくるフレッシュサーモンを直接仕入れてお店で捌きます。
脂が程良く乗っていて美味しいです。

 

 

☆カキフライ(10月1日~3月31日)
三陸の広田湾産のカキを使っています。臭みがなくジューシーな広田湾産のカキは築地でも一番の高値で取引されています。品質を保つ為に収穫期間があり季節限定です。
広田湾のある陸前高田は東日本大震災で壊滅的な被害を受けて、カキの筏もほとんど流されてしまいました。少しづつですが復活してきています。昨年は漁獲量が少なく当店でもほとんど扱えませんでしたが、今年は良い品質のものが入ってきました。広田湾のカキをみなさんに食べて頂く事によって微力ながら復興の力になれればと思っております。

ツイート